二重施術を行う際の注意点【信頼できる医師を選ぶことが重要】

二重施術を行う際の注意点【信頼できる医師を選ぶことが重要】

確実に印象を変えます

看護師

施術方法が選べます

日本では一重まぶたや目の大きさに関してコンプレックスを持っている女性が多くいます。特に顔の中でも目はその人の印象を大きく左右し、その人の表情を作ります。形が少し違うだけでも、優しく見えたりきつそうな印象になったりと重要なパーツです。個人差はありますが、目は一重よりも二重の方がより印象が柔らかくなります。実際、TVや雑誌などのメディアで見かけるモデルや女優さんは二重にあたることが多いです。近年では目の印象を変えるためのアイプチなどが流行しています。アイプチはのり付けを行えば簡単に実現できますが、長く使い続ければ目のトラブルを引き起こす可能性もあります。アイプチのようなリスクをなるべく抑えつつ二重になる方法が二重のプチ整形です。安価な費用でパッチリとした目を手にすることできます。方法によってはメスを入れずに手軽に行えます。痛みや腫れも少なく確実に行えるので、人気が高まっています。軽い施術なら時間は30分もかからず、終わった後にメイクすることも可能です。プチ整形にあたっての料金ですが、生活に支障があると該当すれば保険の対象となります。例えば、上のまつげが目に入ってしまう逆さまつげや瞼が明けづらい眼瞼下垂があたります。単純に目元をパッチリさせたいならば費用は自己負担となります。しかし、プチ整形は美容整形の中でも値段がわりと手頃なので全く届かない金額ではありません。プチ整形は全国にある美容整形のクリニックで行えます。クリニックを選ぶ際は価格の安さだけでなく、アフターケアなどのサポートも充実しているか調べましょう。二重の整形は主に埋没法と切開法があります。プチ整形と呼ばれているのが埋没法です。これは、非常に細い埋没糸と呼ばれるものでまぶたの裏をとめて二重にします。アイプチはのりを使いますが、埋没法では糸で固定します。メスを使わず、わずか15分の施術で完了するのでリスクが少ない方法です。腫れもほとんどないので当日から洗顔などがOKとなります。糸で固定された状態がずっとキープされるので気づかれる心配がありません。アイプチなどで毎日二重を作る必要もないので、特に人気の方法です。糸を抜けば元の状態に戻すことも可能です。費用は10万円が平均ですが、糸を埋め込む本数などで価格に差が出てきます。しかし、埋没法は糸がゆるむので持続期間が限られるのがデメリットです。幅が数年ごとに狭くなっていき、10年くらいで元に戻ります。短い人は5年も経たずに効果がなくなってしまうケースもあります。手軽なのが魅力的なので、作る手間を省きたい人に向いている方法です。効果が持続し、半永久的に二重にできるのが切開法です。希望の場所にメスでまぶたを切り開いて中にある脂肪を取り除きます。縫い合わせれば理想のアイラインの完成です。施術は30分と短いですがメスを入れる影響で施術後は目が腫れてしまいます。腫れを治すのに1〜2週間、安定するには1か月かかります。腫れが完全に引いて元にも戻るには2〜3か月と長い期間を要します。施術後の5〜6日目は抜糸も行うので時間を確保する必要もあります。費用も平均で25万円以上と本格的な施術となります。施術後の腫れや傷跡は治せますが、医師の技術によっては多少残る可能性もあります。切開法をするなら信頼できる医師を選ぶことが重要です。

男性医師

目元の美容整形

二重整形には切開法と埋没法がありますが、どちらの施術にもメリットや利点があります。自分にはどの施術内容があっているかの判断は実際にクリニックでのカウンセリングを受けてから決めてください。整形によって理想の自分に近づけます。

目元

ぱっちり目に憧れる

ぱっちりとした愛らしい女性の多くが二重であることから、その目元を理想とする女性が多いようです。美容整形ではメスを使用せずにその理想を手に入れることができます。メイクで作りあげることに疲れたら検討してみてください。

顔に触れる女性

病院へ行く為にまずする事

美容クリニックで二重形成手術を受けたい場合、予約をしましょう。予約の際には、混雑している時期などを考慮することが重要です。また、口コミを確認して優秀な美容クリニックを探しましょう。情報収集することが大切です。

Copyright© 2018 二重施術を行う際の注意点【信頼できる医師を選ぶことが重要】 All Rights Reserved.